ずいぶん定着してきました

葉酸は妊婦に欠かせないビタミンだという説はずいぶん定着してきました。

子供が健康に育つために必要なのはもちろん、母体の貧血や妊娠中毒症を防ぐためにも葉酸は役に立つのです。

だとすれば、最も必要になるのはいつか知りたい方もいると思います。

葉酸は、妊娠直後に最も必要になるのです。

出産後、授乳している間も葉酸はたくさん必要なので、出産後も多めに摂っていくようにしましょう。

妊活サプリの人気を行っている女性は何を飲むかも気にした方がよいです。

成分にカフェインを含む飲み物は着床の阻害や冷えの一因となるため飲まない方がいいでしょう。

お茶のうち、体を温めてくれて、なおかつカフェインが入っていないものを飲むのがいいです。

ミネラル豊富なルイボスティーや漢方にも使われるたんぽぽ茶などが適しています。

妊活サプリの人気とは子供を授かるための対策で、どんな時に妊娠が成立するのかを分かった上で、また出来うるだけのコントロールを行っていくものであるということもできます。

そして、第一に重要視すべきものは栄養であるということが分かると思います。

けれども、栄養素全てを、バランスよく適度な量を摂取するということは並大抵のことではありません。

そんな時はサプリにお任せ!最近は、サプリの中でも妊活サプリの人気用のものというのも出てきています。

待ちに待った子供がお腹にいるとわかってから、身体に良いと言われることはできるだけ実践しました。

とりわけ妊娠初期は注意しなさいと何度も実家や病院で聞いていたためです。

インターネットでも、雑誌の記事でも積極的に葉酸を摂って、赤ちゃんの発育を促しましょうと書かれていたので葉酸の妊活サプリの人気を買って飲み始めたのです。

食欲が全くなくなるくらいつわりが重いこともありましたが、そんなときも妊活サプリの人気は飲めたのでどんなときでも葉酸が摂れたのは良かったです。

本や雑誌、ネット上などいろいろなところで聞くようになりましたが、葉酸は妊娠中に必要なだけでなく、授乳している間も摂って欲しい栄養素なのです。

お腹の中にいる間はもちろん、生まれてきた赤ちゃんも全身で細胞分裂が盛んに行われて、発育発達が急速に進んでいきます。

いうまでもなく、そこで葉酸が必要になるのです。

さらに、葉酸は産後の母体回復や授乳にも重要な役割を果たしており母子双方にたくさんの葉酸が必要となってくるため、子供を授かりたいと望んだときから、母乳を与えるのが終わるまでしっかり葉酸を摂り続けることが、お母さんのつとめです。

葉酸はDNAの合成のほか脳や神経を作るとされ、子供には不可欠なビタミンとなっています。

事実、先天性異常の危険を減らすとして、世界の中でその摂取について指導勧告がなされているのです。

必要な量は、妊娠中で0.44mg、授乳中0.34mgとされますが、1000mgを超す過剰な摂取は要注意です。

葉酸が妊婦に不足しがちということで、妻は妊娠がわかった直後から妊活サプリの人気を飲んでいます。

本当に妊活サプリの人気が効くのかと思ってみていましたが、そんなに必要なものなら飲んでみたいと妻に言うと、「これは女性と赤ちゃんのためのサプリだから、他のサプリにすれば」と却下されました。

しかし、決められた量なら飲んで悪いことはないだろうと妻には内緒で葉酸サプリを試してみました。

劇的な変化はありませんが、飲んだ翌日もお酒が残ることがなくなり、悩んでいた口内炎ができにくくなったと思います。

赤ちゃんを待っている方、そして赤ちゃんがお腹にいる方にはビタミンの中でも、葉酸を多めに摂りましょう。

ビタミンの一種として、葉酸には胎児が順調に育ったり、細胞分裂を進めたりするのを助ける効果があります。

葉酸は文字通り葉物野菜に多く含まれ、その他、ブロッコリー、芽キャベツ、枝豆などにも多量の含有を期待できます。

ですがが、妊活サプリの人気で摂取しても問題はないので野菜をたくさん食べられない方やどうしても野菜が好きになれない方には上手に利用して欲しいですね。

 

 

自分だけの密かな贅沢

私は、食べ物にあまりこだわりはありません。

だから、外食に行きたいと自分から言い出すことは、殆どないのです。

カニもステーキも贅沢な食べ物だという認識はあるものの、「食べたいか」と聞かれると「そうでもない」というのが本音です。

一応は空気を読んで、嬉しがったりもしますが。

そんな私がとってもお金を掛けているのが、タオルです。

ふわふわタオルが、いつでも使える状態でいるのが私の幸せなのです。

そのために、へそくりをして納得のいく高級タオルを奮発しています。

私だけが使うわけにもいかないので、家族の分ももちろん購入。

ハンドタオルにフェイスタオル、バスタオル。

これを家族分揃えるのに懐が痛んでも、それは喜びなのです。

洗濯の仕方もきちんとネットで検索して、そのために最適と見込んだ洗濯機も買いました。

洗濯洗剤にも拘りがあり、市販の柔軟剤は使いません。

そして、洗い上がったタオルをたたむ時の幸福感ったらありません。

このタオルがあれば、いつでも快適に身体を包み込めるのです。

ただ、家族の理解を得られているかというと疑問です。

聞けば「ふっくらで気持ちがいいね」くらいのことは言ってくれます。

でも、別のタオルにすり替わったとしても、文句も言われないことは確実です。

ホテルなどで準備されているタオルを使っても、何も文句を言いませんから。

私は「高いお金を払って、こんなタオルを使わされるなんて」と、ブツブツ言わずにはいられないタイプ。

タオルフェチって、あまり深くは理解してもらえないのですね。

 

 

ひな祭りの複雑な気持ち

私は、ひな祭りの日が近づくと、複雑な気持ちになります。

なぜなら、私の家にはひな人形がないからです。

子供の頃に祖母に買ってもらったひな人形は、横50センチ、高さ30センチくらいのガラスのケースに入っていたもので、百貨店で買ってもらった品でした。

人形は全長5センチくらいで、手の平に乗り、みんな可愛い丸顔をしていました。

毎年、人形やぼんぼりなどを出すのが、恒例の楽しみだったのです。

しかし、ある時から両親が億劫がるようになり、お内裏様とおひな様だけ残して、全部捨ててしまったのです。

私はそれが今でも、本当に残念なんです。

なぜなら、私の尊敬する絵本作家、津田直美さんが、そのおひな様を持っているという事がわかってからは、本当に残念に感じたのです。

津田直美さんは良い絵本を作る事で有名ですが、女性らしい生活のアイディアを提案する事でも知られています。

彼女も、幼い頃にお祖母様からおひな様を買ってもらい、一式全部を大切にされているそうです。

季節の行事も大切にしていて、お菓子作りをたしなむ彼女の事なので、毎年きちんとお祝いするのでしょう。

私もせめて、彼女と同じおひな様一式を大切に保存していれば、毎日の暮らしに対する意識が変わっていたかもしれないと思うと、残念でなりません。

本当に惜しい事をしたと思いました。

大きいおひな様一式のように、立派な印象はないけれど、祖母に買ってもらったおひな様にも愛着がありました。

特に、三人官女の中の一体は、私に顔が似ていたので、毎年楽しみにしていたのです。

私は残ったお内裏様とおひな様を見る度に、いつか同じようなおひな様を手に入れたいと思っています。

その時には、より日本のひな祭りを味わい深い行事に出来る事でしょう。

桜餅やお団子だけでなく、桃の花を飾り、ひな人形が揃ってこその行事なのです。

ちなみに、私は無事にお嫁に行けたので、もう雛人形を飾ることもありませんが、いつか娘が生まれたら、また雛人形を飾ってあげたいと思っています。